生涯快適に暮らせる家を建てたいなら注文住宅にしよう

首都圏で家造りのポイント

一軒家

資金によって場所を選べる

注文住宅を建てる場合、土地の選び方がとても重要です。建物は建て直すことができますが、土地は購入したらその場所から動かすわけにはいかないからです。首都圏で注文住宅を建てるのに適しているのは埼玉エリアです。なぜかというと土地が平坦で地盤が強固だからです。埼玉エリアは関東平野の真ん中に位置しているため、崖崩れの起こる山沿いの土地などが少ないのです。ただし埼玉エリアでは東京湾につながる大きな河川がいくつか流れているので、川沿いの地域を避けて土地を探す必要があります。川沿いの土地は地盤が軟弱な場合があるからです。それ以外の埼玉エリアなら、どの場所でも安心です。実際に注文住宅を建てる時は家族のライフスタイルを考える必要があります。通勤通学に便利な土地を探します。埼玉エリアは大きく3つに分けることができます。東部エリア、中部エリア、西部エリアです。それぞれのエリアに鉄道路線が乗り入れているので、都心部へ出るには便利です。家族の通勤通学に一番利用しやすい路線を選ぶようにします。注文住宅は分譲住宅よりも資金がかかります。頭金の額によってローンの負担も違ってきます。資金に余裕がない場合は都内のターミナル駅から1時間ぐらい離れれば、土地を購入して注文住宅を建てることができます。広い土地を希望する場合は1時間半ぐらい離れれば、自然が豊かな場所に家を建てることができます。このようにライフスタイルと資金によって、自由に場所を選ぶことができる埼玉エリアです。